DHAとEPAの違いと相違点比較

画像

○ DHAとは

DHA・EPAはどちらも青魚に含まれるなど共通点もありますが、違いもあります。
ここではDHA・EPAの違いについて比較していきたいと思います。まずは比較的知名度が高いと思われるDHAからについてですが、DHAはドコサヘキサエン酸の略称であり、血栓を防ぐことなどによるサラサラ効果が知られています。

DHAを多く含む魚はマグロや青魚などであり、ウナギといった魚にも含まれており、健康効果もサラサラ効果だけにとどまらず、痴ほう症の防止などによいとされ、脳に対する作用が知られています。魚を食べると頭がよくなる、などと言われるゆえんがあるのもこういう理由からでしょうか。また、アレルギー緩和などまだまだ未知の部分も多い物質です。

○ EPAとは

EPAはエイコサペンタエン酸の略であり、こちらもDHAと同じく青魚などに多く含まれる不飽和脂肪酸です。

全身の細胞に取り込まれ血圧を低下させる効果、動脈硬化を防ぐ効果が科学的にも証明されてきており、生活習慣病の予防などに不可欠になってきました。また、DHAと同じく血栓をできにくくしサラサラをもたらす効果も知られています。

DHAとEPAは相乗効果を発揮することも知られており、両者を一度に取ることでその働きはより目覚ましいものになります。酸化しやすいため、ビタミンEなど抗酸化作用がある栄養素を一緒にとるといいでしょう。
このように比較的共通点が多い両者ですが、細かな点で違いもありますので次は両者の違いについてみていきたいと思います。

○ DHAとEPAの違いについて

DHAは脳に作用する物質であり、EPAとの大きな違いになります。しかし、EPAはDHA以上のサラサラ効果があり、血栓を防ぐ効果についてはDHA以上に大きなものがあることがわかっています。

DHAは脳をフル活用させるために欠かせないものですから、若い人にも非常に必要とされる栄養素でしょうし、EPAはどちらかというと生活習慣病予防の効果が高い物質であり、健康診断が気になってきたな、という中高年の方に必要とされやすい栄養素と言えるかもしれません。

もちろん、どちらも人体にとって非常に欠かせない物質ですからどちらか片方を摂取すればもう片方はいらないということにはなりません。どちらも普段の食事で、しっかり必要な分を人体に取り入れていくことが健康につながります。

TOPへ戻る