DHA・EPAとは?

画像

○ 青魚などに含まれる健康成分

DHA・EPAはどちらも青魚などに含まれる健康成分です。DHAとはドコサヘキサエン酸の略、EPAとはエイコサペンタエン酸の略で、どちらも不飽和脂肪酸であり、脂肪の一種です。

脂肪というと太りやすい、メタボといったことを想像する方も多いですが、脂肪は三大栄養素の1つでもあり、人体にとって欠かせない物質です。脂肪にもよい脂肪とあまりとらないほうがよい脂肪があり、DHA・EPAは適度な量をとることで健康によい効果をもたらします。

この不飽和脂肪酸は常温でも固まりにくく、冷たい水の中で生きる魚独特の脂質で、この脂肪のおかげで魚は冷たい水中でも生きていくことができます。特に青魚の肝臓から摘出した油などには、このDHAやEPAが多く含まれますね。

○ サラサラ効果で注目されている

DHA・EPAなどがこんなにも必要な栄養素、大切な栄養素と言われているのはサラサラにする効果があるためです。人間の健康に直結するもので、生活習慣病の原因である血中コレステロールや高血圧などに大きく関与しています。生活習慣病が気になる方、毎日若々しくいたい方はサラサラな状態に保つことが非常に大切なんですね。

運動や食事の習慣などで気を付けていきたいところですが、日常的に健康な食事をとり、毎日運動するということは現代人にはなかなか難しいものがあるでしょう。また、仕事で忙しく働きながらも、健康を維持したいという方にとって悩みの種ともなっています。

○ 一日にどれくらいとればいいのか

そんな効果が注目されているこのDHAやEPAですが、一日にどれくらい摂取するのが理想とされているのでしょうか。

厚生労働省ではいろいろな栄養素の一日の理想的な摂取量を決めていますが、DHAやEPAは合計1,000mgというのがその数値です。一見すごく小さな数値に見えますが、これを毎日摂取するのは非常に大変です。
まず摂取できる食材が青魚などに限られているうえ、この1,000mgを魚だけからとろうとするならマグロの刺身で9人分ともなり、魚を普段からよく食べる方であってもDHAやEPAを必要な量毎日とっていくことはまず無理です。

そこで、栄養を気軽にとれるサプリメントが人気ですよね。最近のサプリメントは以前のものよりも格段に質が高く、なおかつリーズナブルで手軽なものになりました。

TOPへ戻る