DHA・EPA摂取の重要性

画像

○ 健康に効果あり

健康は多くの生活習慣病と関係があり、ドロドロはよくないことが知られていますね。

DHAやEPAはこうしたドロドロを改善するのに助けとなることが知られており、肉食中心、運動不足に陥りがちな現代人にとっては非常に重要な栄養素となっています。特に中高年の方はドロドロになりやすいですから、DHA・EPAサプリなども使って上手にコントロールしていかなければなりません。

若いうちからコレステロールの高い食事(カニ、エビ、あんきも、たまごなど)に偏ると年齢を重ねてからの病気に陥りやすくなるので食事面は特に気をつけましょう。

○ 学習能力や記憶力に寄与

特にDHAは、サラサラ効果だけでなく学習能力や記憶力についても影響していることが知られています。DHAはもともと脳の抗生物質でもあるため、脳をしっかり働かせるためには欠かせません。

これは中高年の方だけでなく、全世代について言える事です。学習の集中力を上げたい学生さん世代の方から、仕事で物覚えが悪くなってきた、ぼーっとすることが多い、頭が働かないといった悩みをお持ちの中高年の方まで、DHAは非常に助けとなる物質です。

記憶力保持、痴呆症予防といった点でも、DHAは多くの業界から注目を浴びていますし、もちろん魚の健康パワーだけで頭がよくなる、記憶力がよくなるといったことはありませんが、脳の働きを高めるためにはとても重要です。

○ 生活習慣病を予防するために

DHAやEPAは、サラサラ効果を中心に生活習慣病予防に非常に大きな影響を与えています。

日本人では心筋梗塞や脳卒中といった生活習慣病からくる病気を患った方も少なくなく、普段の生活習慣が大いに関係していることは周知の通りです。

1990年代からはメタボリックシンドロームという言葉が一般的になっており、特に中高年の間では健康の面だけでなく外見の太っていること、お腹がポッコリ出ていることがカッコ悪いというイメージが定着しています。最近は世間でも健康志向が強まり生活習慣を改善する40代以降の男性が増えていて、肉→魚へ、野菜、カルシウム、ビタミンなど食事の改善を目指す人も少なくはありません。

今、DHA・EPAサプリを検討してる方は食事と運動のバランスを今一度見直すことも大切でしょう。

TOPへ戻る