DHA・EPAのサラサラへの働き

画像

○ 脂質バランスに作用する

DHA・EPAは血中の脂質バランスに作用し、サラサラで健康なものに導いてくれる効果があることを知られています。

血中脂質には4つの種類があり、コレステロール、中性脂肪(トリグリセライド)、リン脂質、遊離脂肪酸がありますがこのうち問題となるのはコレステロールと中性脂肪、この2つが多い状態はいわゆる高脂血症、脂質異常症ということで不健康な証拠と言えます。

DHAやEPAはドロドロに作用し、体内の脂質バランスを整えてくれる効果があるため、肉食に陥りがちで脂質過多になりやすい現代人の食生活には欠かせない物質となっています。DHA・EPAサプリでサラサラ効果を増強するのもいいですね。

○ 赤血球を柔らかくする効果

DHAやEPAは、赤血球を柔らかくする効果があることも知られています。赤血球が柔らかくなるということは、それだけ細い末梢血管まで行き渡りやすいということになります。

全身をめぐるということは、それだけ全身に酸素が行き渡りやすくなるということでもあります。それだけ冷え性などにかかりにくい、太りにくい体質になりやすいという点でもあり、日常の活動でも体中に酸素が行き渡るということは元気になるということです。持久力などは、酸素が非常に大切になります。

疲れやすくなったという方は、酸欠が原因であるということも意外と多くあるものです。脳や体組織にしっかり酸素を行き渡らせることは、非常に大切であるわけですね。

○ 血栓をとってくれるEPA

DHAやEPA、特にEPAは血栓をとってくれる作用があるため、サラサラにする効果が強いとされています。もちろんDHAにも血栓をとる作用があるのですが、EPAは特に血栓に対する効果が強いことがわかっています。
血栓は血管年齢に直結する要素で、血管年齢は同じ実年齢の方でも変わってきてしまいます。血管年齢が高いということはそれだけ生活習慣病にかかりやすくなるということであり、心筋梗塞や脳梗塞といった病気のリスクも高くなってしまいます。

ここまで見てきた血中脂質への作用、赤血球を柔らかくする作用、血栓をとってくれる作用により、DHAやEPAはサラサラ効果が高いと言われています。健康診断の値にも、もちろん直結していますよ。

TOPへ戻る